初めてのお客様へ 新規会員になると5%以上オフ

営業カレンダー

2023年12月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
2024年1月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
赤マスはお休みとなります。
メールへのご返信、受注確認メールの送信につきましては翌営業日以降の対応となりますので宜しくお願いいたします。

QRコード

携帯サイトはこちらQRコードからアクセス!
ホーム コレクト(収集品)
ホーム 三宝堂最新DM商品一覧
ホーム コレクト(収集品)
<img class='new_mark_img1' src='https://img.shop-pro.jp/img/new/icons61.gif' style='border:none;display:inline;margin:0px;padding:0px;width:auto;' />HB−1220 天保五両判金
HB−1220 天保五両判金
作品番号 HB-1220
定価 3,300,000円(税込)
販売価格

3,300,000円(税込)

購入数










商品説明
作品番号 HB-1220
商品名 天保五両判金
内容 収集家垂涎!
天保年間のみ発行されたレア物判金!!

極美品
天保五両判金(てんぽうごりょうはんきん)
天保8年〜天保14年
(1837年〜1843年)

わずか6年で発行停止となった最初で最後の五両判金!
日本の判金の中で唯一中判と呼ばれる稀少金貨を特別入手!
表面には鏨(たがね)による茣蓙(ござ)目が刻まれ、上下に桐紋を囲む扇枠、中央上部に「五兩」下部に「光次(花押)」の極印、さらに中央左右に丸枠の桐紋が打たれ、裏面は中央に花押、下部の左端に座人の験極印、吹所の験極印さらに右上に「保」字が打印され、丸枠の桐極印を除けば小判と同形のデザインになります。

縦約9.5僂梁減澳供
慶長大判金をしのぐ金の含有率84.2%!
江戸時代に多く流通していた大判・小判ですが、その中で唯一の五両としての額面をもつ小判です。
実はこの五両判金、市中でも大いに使用されるものと期待されましたが、はほとんど流通せず、発行数も少なく抑えられました。
鋳造枚数は3万4445枚と圧倒的に少なく、群を抜いて稀少なのは言うまでもありません。
この、わずか6年で廃止となった「天保五両判金」は、鋳造枚数の少なさから、後世になって愛好家の間で大人気となり高値で取引されるようになりした。
なにより見た目の美しさと大きさも人気の要因のひとつです。
この高品位の歴史的・所蔵価値のある判金をご入手いただける好機をお見逃しないようお薦めいたします。

日本貨幣初商協同組合鑑定書付
仕様 ● 素材/金842:銀158
● 寸法(約)/縦9.5×横5.3cm
● 重量/33.7g
● 日本貨幣初商協同組合鑑定書付
● 桐箱付
備考 ■お届け:10日前後でお届けします。欠品した場合は3週間前〜1ヶ月でお届けします。状況によりしばらく入荷できない場合もあります。