初めてのお客様へ 新規会員になると5%以上オフ

営業カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
赤マスはお休みとなります。
メールへのご返信、受注確認メールの送信につきましては翌営業日以降の対応となりますので宜しくお願いいたします。

QRコード

携帯サイトはこちらQRコードからアクセス!
ホーム 美術工芸品
ホーム 令和四年新年・干支号 虎
ホーム 美術工芸品
KW−1218  千里之虎

KW−1218 千里之虎
作品番号 KW-1218
定価 21,780円(税込)
販売価格

21,780円(税込)

購入数








商品説明
商品番号 KW-1218
商品名 千里之虎
内容 黄金に輝く“千里之虎”で新年の開運と金運をがっちり掴む!
「千里之虎」(せんりのとら) 合金製
2022年の干支は虎。虎は古くから密林の王とされ、魔除けや権力の象徴として崇められています。諺にも「虎は千里行って千里帰る」とも言われ、干支の中でも特に勢いがある年とされています。この「千里之虎」は伝統工芸高岡銅器の技で作られた干支置物。金色に輝く体は神々しく、四肢で大地を力強く歩む様はまさに猛虎の迫力。風水の元となる陰陽五行説では、水と金は「相生」の関係となり非常に相性が良く、黄金に輝く虎が水の象徴となる水晶の宝珠を口にくわえ、金運上昇の願いも込めました。寅年に干支飾りとして黄金の虎の置物を置くと、金財運を叶え一年を無事安泰に迎えられるとされています。床の間や玄関に飾れば貴家の風格や運気が上がり、邪気も討ち払ってくれることでしょう。ぜひ『千里之虎』をお求めになり、2022年の家運隆盛を叶えてください。 陰陽五行説では、「水」と「金」は非常に相性の良い組み合わせ。水晶の宝珠を口にくわえた黄金の虎は、大開運・大金運のパワーを秘めた吉祥の置物です。
【高岡銅器】 江戸時代初代加賀藩主・前田利家が京都から鋳物師を招き、藩の殖産興業を計ったのが始まり。以来400年以上もの歴史を誇り、多彩な技術を駆使し、銅器以外にも様々な金属加工を有し、日本のみならず世界的にも有名な伝統工芸です。
仕様 ●寸法(約)/本体:高9×幅24.5×奥8.5cm、水晶:12mm、敷板:高1.5×幅30.5×奥13cm
●重量(約)/580g
●材質/本体:亜鉛合金(アクリル系金色塗装)、水晶玉、敷板:木製
備考 ■お届け:3日〜15日(営業日)でお届けします。欠品の場合は1ヶ月ほどかかります。