初めてのお客様へ 新規会員になると5%以上オフ

営業カレンダー

2021年12月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
赤マスはお休みとなります。
メールへのご返信、受注確認メールの送信につきましては翌営業日以降の対応となりますので宜しくお願いいたします。

QRコード

携帯サイトはこちらQRコードからアクセス!
ホーム 仏像・本尊
ホーム 令和四年新年・干支号 虎
ホーム 仏像・本尊
KW−1212  笠地蔵尊 葉偉混 作

KW−1212 笠地蔵尊 葉偉混 作
作品番号 KW-1212
定価 17,380円(税込)
販売価格

17,380円(税込)

購入数









商品説明
商品番号 KW-1212
商品名 笠地蔵尊 葉偉混作
内容 思慮深い気品あるご尊顔は名工・葉偉混ならでは。
あらゆる願いを叶え安らぎをもたらします。
笠地蔵には日本各地に逸話があります。そのなかでも代表的な「吹雪のなかの笠地蔵」をモチーフに名工・葉偉混氏が彫り上げました。ふっくらとした優しい表情の中にも、凛とした気品が感じられるお地蔵様の名品です。日々手を合わせることで、貴方様の願いが叶い安寧をもたらしてくれるでしょう。
本体裏面には作者印が押されます。
〜笠地蔵の伝説〜 とある雪深い国にひどく貧しい老夫婦が暮らしていた。年の瀬が近いというのに新年を迎えるための餅すら買うことができなかった。そこでおじいさんは、町に出て日々こさえてきた笠を売ろうと背負えるだけ背負って出かけていった。ところが残念なことに、笠は大して売れなかった。帰路の吹雪のなか、おじいさんは六人のお地蔵さまを見かけると、そのいかにも寒そうな様子を見て可哀想に思い、売れ残りの笠を差し上げることにした。しかし、手持ちの笠が一つ足りず、おじいさんは自分が使っている笠を最後のお地蔵さまにお被せし、何も持たずに我が家へ帰っていった。その夜老夫婦が寝ていると、家の外で何か重たい物が落ちたような音がして外の様子を伺うと、家の前に米俵や餅・野菜・魚などの様々な食料に小判などの財宝が山と積まれていた。老夫婦は、笠をかぶった六人のお地蔵さまが雪の降るなか背を向けて去ってゆくのを見送るのだった。このお地蔵さまからの贈り物のおかげで、老夫婦は良い新年を迎えることができたという。
仕様 ●寸法(約)/高さ10×幅9×奥行8
●重量(約)/250g
●材質/檜
●敷台付
備考 ■お届け:2日〜10日(営業日)でお届けします。欠品の場合は1ヶ月ほどかかります。