初めてのお客様へ 新規会員になると5%以上オフ

営業カレンダー

2022年1月
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
2022年2月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28
赤マスはお休みとなります。
メールへのご返信、受注確認メールの送信につきましては翌営業日以降の対応となりますので宜しくお願いいたします。

QRコード

携帯サイトはこちらQRコードからアクセス!
ホーム コレクト(収集品)
ホーム 令和四年新年・干支号 虎
ホーム コレクト(収集品)
HB−1157  和同開珎 <特別割引商品・限定1点>     

HB−1157 和同開珎 <特別割引商品・限定1点>     
作品番号 HB-1157
定価 770,000円(税込)
販売価格

550,000円(税込)

在庫数 1
購入数









商品説明
商品番号 HB-1157
商品名 和同開珎 <特別割引商品・限定1点>
内容 悠久の時を感じさせる重厚な風合い。
日本初の官製通貨『和同開珎』
7世紀の天武天皇のころに発行された富本銭に続き、 708年、「和同開珎」が鋳造されました。「和同開珎」は、唐(中国)の先進的な文化や制度を積極的に取り入れようとしていた律令政府が708年(和銅元年)に、唐の「開元通宝」をモデルに初めて公的に鋳造・発行したとされる銭貨です。「和同開珎」は畿内において財物の交換手段として利用されていましたが、それ以外の地域では、米や布帛(織物)などのモノによる取り引きが大勢を占めていました。律令政府は「和同開珎」を広く使用させるため、田畑の売買などに銭貨の使用を強制したり、多くの銭貨を蓄積した者に位階を与えるなどの流通促進策を講じました。しかし、銅は稀少だったため、畿内とその周辺国でしか流通せず、各地の豪族や高級官僚が「富貴の象徴」ないしは「富の貯蔵手段」として利用していたようです。この我が国の宝といえる「和同開珎」を、ぜひ貴家の家宝として子々孫々末永くご所蔵ください。
鑑定書付き
日本貨幣商協同組合の鑑定書付き
「和同開珎」の読み方は、正式な記録がなく「珎」を「珍」の異字体として「ちん」とする説と、「寳」の略字体として「ほう」とする説があります
仕様 ●寸法(約)/直径2.4
●材質/銅
●日本貨幣商協同組合鑑定書付
備考 ■(掲載された商品をお届けします)