初めてのお客様へ 新規会員になると5%以上オフ

営業カレンダー

2021年6月
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
2021年7月
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
赤マスはお休みとなります。
メールへのご返信、受注確認メールの送信につきましては翌営業日以降の対応となりますので宜しくお願いいたします。

QRコード

携帯サイトはこちらQRコードからアクセス!
ホーム コレクト(収集品)
ホーム 三宝堂最新DM商品一覧
ホーム コレクト(収集品)
HB−1129 水戸虎銭(みとこせん)- 江戸幕府末期に水戸藩が鋳造した伝説の地方銭

HB−1129 水戸虎銭(みとこせん)- 江戸幕府末期に水戸藩が鋳造した伝説の地方銭
作品番号 HB-1129
定価 162,800円(税込)
販売価格

162,800円(税込)

購入数






商品説明
作品番号 HB-1129
商品名 水戸虎銭(みとこせん)
内容 <江戸幕府末期に水戸藩が鋳造した伝説の地方銭>
資料すらも発見されていない幻の貨幣が初登場!!

<芸術性・文化性が高いと当時から収集家垂涎の逸品として江戸でも高い評価を得ていた貨幣>
水戸藩は元治元年に水戸細谷銭座の作業開始にあたりその記念にと1万枚を蒔銭として鋳造したのが水戸虎銭です。当初これを銭座内の賃金支払いに100文分として使用しましたが寛永通宝などを鋳造する水戸藩の虎銭は次第にその出来の良さから水戸藩内に流通し慶応3年からは、50文分として広く行き渡ったと言われています。神社・仏閣に参詣する者が投げて手向ける蒔銭として鋳造されたことから、表に「虎」、裏に「富国強兵」の文字が描かれて当時の水戸学で諸外国に対抗するためには富国強兵だと唱えられていた事から描かれたと言われています。
セット内容 水戸虎銭・貨幣鑑定書・桐箱ケース
備考 ※ お届け:7日〜20日(営業日)でお届けします。品切れの際はご容赦ください。